日本一周の旅〜カルぺ・ディエム〜

元保育士が、自転車で日本一周します!

久しぶりの移動

工事中とのことでしたが、清水寺へ向かいました。

坂を登っていると、これ食べていきな!ときゅうりとレモン水を頂きました。話していると、園長をしているそうで、うち来るか?と誘ってくれました(笑)冗談でもうれしい。ありがとうございました。

さぁ清水寺へ向かおうと思ったら、やっぱり舞台のところがだいぶ覆われています。今しかその姿を見られないと言ったらそうですが、特にいいかなと、いつか完全なものを見たいと急に思ってしまい、門の写真だけ撮って移動しました。


ドラッグストアによると、店員さんから、氷を頂きました。タオルを巻いて冷やすと気持ちよく、そのタオルも首に巻くと気持ちよかったです。ありがとうございます。


少し移動してから、お店で飲み物買って飲んでいると、買い物に来た方から、お金を支援して下さいました。ありがとうございます。


そういえば最近走っていなかったので走行距離のことを忘れていましたが、7000kmを超えていました。


鳥羽・伏見の戦いの地です。王政復古の大号令の後、会津・桑名らの藩は、徳川将軍家の領地返納を強行採決した薩摩・長州らの藩に不満を覚え、勃発しました。

旧幕府軍は15000に対して新政府の軍は5000で圧倒的な戦力差だったのですが、新政府軍が掲げていた錦の御旗(天皇のために戦う軍隊の旗)により、新政府軍が勝利します。

この一戦を皮切りに、戊辰戦争が始まりました。


伏見桃山城。ここは、天下統一をとげた秀吉が隠居生活を送るための城として築城したものです。

指月に築城をはじめますが、地震により倒壊。木幡山に城を移します。慌ただしい隠居生活を過ごし、亡くなりました。

秀吉の死後、家康傘下の城になります。しかし、伏見城の戦いにて、炎上により落城。

関ヶ原の戦い後に、再び家康が入城し、再建しました。居城としても使っていたようです。

最後は、一国一城令により廃城しました。


平等院鳳凰堂は、10円硬貨の表面のデザインになっている場所です。また、1万円札の裏面にも鳳凰のデザインが使われています。

ここは、源融の別荘→藤原道長の別荘→藤原頼通が寺院という経緯があります。


教えてもらった肉うどんを食べました。食べ終わると、ボトルに氷を入れてくれ、冷たい水を頂きました。走っているとすぐにお湯に変わるので(笑)、冷たい飲み物が飲めるのはうれしいです。ありがとうございます。


酬恩庵・一休寺に行きました。とんちで有名な一休さんのお寺で、師の恩に報いるという意味で「酬恩庵」と命名したそうです。

↓一休さんのお墓

↓庭園

↓本殿


ようやく奈良。入ったいいのですが、案内看板が全然見つからないし、探していると坂道段差が多いし、何回か道間違えるし、あんまり歓迎されてませんね~笑


実は、昨日から気持ち悪さがあって、今日も走っていると息を深く吸った時に咳が出てくるんです。二日酔いか風邪かな?とも思ったのですが、どうも違うようで、少し室内にこもったら治りました。光化学スモックですかね?注意報は出てない気もしますが(笑)

とりあえず、それ以降はいつも通りに戻ったのでよかったです。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。