日本一周の旅〜カルぺ・ディエム〜

元保育士が、自転車で日本一周します!

出遅れ

昨夜から小雨が降り続いていて、強い風も加わってけっこうな雨でした。雨ばかりだと諦めもつくのですが、最近は晴れが続いていたので、あんまり濡れたくない気持ちもあり、レインコートを着ようにも蒸して暑いから着たくなく、結局昼過ぎまで待機しました。


天気予報的には15時にやむ予報でしたが、そこまではさすがに待っていられなかったので、ずぶ濡れる覚悟で出発しました。


地図上でどのコースで進もうか考えつつ、足を進めていました。ざっくり言うと2通り行き方がありました。

一方は、距離的は短いけど山道かもしれない。でも、地図を見る限りトンネルっぽいので、ワンチャン平坦か少し上り程度。

もう一方は、遠回りになるけど、多少のアップダウンはあるが、平坦な道。

迷った結果、前者に賭けることにしました。走ってみると、トンネル手前で7%の坂道が現れ、こりゃあやっちまったやつだ...と覚悟を決めた途端、カーブしてる先をよく見てみると、平坦。しかも、トンネルの後半1/3とその後はほとんど下り坂でした。完全に勝ちました。こっちの道を選んでよかったです。


植村直己冒険館に来ました。植村直己...何となくしか知らず、ここも旅をしていて教えて貰い、はじめて知りました。映像で人生や人となりを知り、展示物や実際に使った道具を見て大変さを知り、一つひとつが感慨深かったです。どんどん歴史を見ていくうちに、感情移入していきました。最期は、マッキンリー冬期単独登頂に成功し、その後消息を絶ってしまったと知り、悲しさを覚えました。


実際に背負った重さを再現したザックがあり、その重さを体験することができました。背負うことはできるけど、この状態で何時間も行動するのは無理です。自分はすぐに弱音を吐く気がします(笑)凄すぎです。


いろいろ見ていくうちに、早く何か行動したくて、移動したくて、そんな衝動にかられてウズウズしてきました。


最後に、スタッフさんからインタビューを受けました。旅人や冒険家には声をかけているようです。お茶を頂きながら話しました。いやー、インタビューってなると、緊張して全然喋れませんね~(笑)

インタビュー後には看板で記念撮影をしてもらい、お守り代わりにキーフォルダーを頂きました。後日、ホームページのブログに載せてくれるようです。ありがとうございました。


走っていると、引かれる場所がありました。雌滝と言うのでしょうか?橋があったので昔は行けたんですかね?

いろいろ歩き回っていると、下に降りれる場所を見つけました。


教えて貰ったお店で、カレーラーメンを食べました。そこの店員さんから、糖分補給にって頂きました。ありがとうございます。


温泉入った後に休憩スペースでくつろいでいたのですが、4校くらいのテニス部が合宿に来てるのか、その集団の中に紛れるように座っていてすごいアウェー感でした...(笑)仲間入りして一緒にテニスしたいなぁ(笑)


あ、後々話しかけてくれた方に聞くと、西日本の大会があるらしいです。てことは、めちゃくちゃ強い大学の集まりかもしれないですね。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。