日本一周の旅〜カルぺ・ディエム〜

元保育士が、自転車で日本一周します!

山口観光

朝から冷え込み、まさかの13.8℃...。夏とは思えない気温でした。

また寝床が一緒だった徒歩&ヒッチハイクの旅人と別れ、出発しました。


少し坂道を登っていくと、山口県に入りました。


次の場所まであと10kmってところで休憩です。味噌カツ定食を食べました。この味噌汁の中にそうめんが入ってました。

食べているところに、あそこに置いてある自転車お兄ちゃんの?この食べてるの奢ってやる!とご馳走になってしまいました。

しかも、その奥さんにお金を頂きました。ありがとうございます。


その後、おじいちゃんが話しかけてきてくれて、帽子を頂きました。また、その連れの方がいいですというお菓子を頂きました。


また、おばちゃんにお水を頂きました。


さぁ走ろうと思ったのですが、ふとタイヤを触ってみると、だいぶ空気が抜けていました。そうそう、走ってくる途中で走り心地変わったんですけど、こういうことだったんですね。急いでチューブを交換しました。穴は、針くらいの大きさが開いていて、タイヤからでもプシューって聞こえるくらいでした。


萩城です。毛利輝元が指月山麓に築城しました。山麓の平城と山頂の山城とを合わせた平山城になってます。

↓天守台跡

↓志都岐山神社。旧本丸跡に歴代藩主を祀るために建てられました。

↓詰丸跡、指月山


旧厚狭毛利家萩屋敷長屋。毛利元就の5男である元秋を始祖とする毛利家の武家屋敷です。



ここからは誕生の地や旧宅が多かったので、行った順ではなく、人でまとめて載せます。



吉田松陰は、叔父吉田大助の急死により6歳で家督を継ぎます。吉田家は、藩校明倫館の山鹿流兵学師範をつとめる家柄であったため、もう1人の叔父の玉木文之進は、松陰を一人前の兵学者に育て上げるために厳しく教育しました。その甲斐あって、10歳で藩校明倫館の教壇に立ち、11歳の時には藩主毛利敬親の前で兵学の講義を見事に成し遂げました。

その後、黒船への密航を企てましたが失敗し、投獄。出獄後は松下村塾で教えていました。

最期は、日米修好通商条約に絡んで幕府を批判し、安政の大獄にて死刑となりました。

↓生誕の地

↓お墓

↓吉田松陰幽囚の旧宅


松下村塾。吉田松陰の叔父である玉木文之進が創設し、吉田松陰がこれを引き継ぎ、1年程教えていました。

身分に関係なく学ぶことができた場所で、吉田松陰が教えていた頃に、高杉晋作や久坂玄瑞といった幕末志士、伊藤博文や山縣有朋といった明治維新後の日本を作った偉人らの多くを輩出しました。


松陰神社。


吉田松陰歴史館。


高杉晋作は、松下村塾に入門し、松陰からの師事を受けます。その後、奇兵隊を結成し、尊王攘夷活動を展開していきました。

↓誕生の地

↓お墓


久坂玄瑞は、松下村塾に入門すると、吉田松陰に高杉晋作と久坂玄瑞を『村塾の双璧』と称し、その才能を高く評価していました。その後は、高杉晋作らとともに尊王攘夷活動を行いました。

↓生誕の地

↓お墓


吉田稔麿は、松下村塾で兵学を究め、吉田松陰からは、高杉晋作と久坂玄瑞に並ぶ「三秀」と評価されていました。

その後、奇兵隊に参加し、尊王攘夷活動を行っていきますが、池田屋事件にて討ち死にしてしまいます。

↓誕生の地


木戸孝允(桂小五郎)は、吉田松陰からの教えは受けましたが、松下村塾には通っていないようです。

剣術に長け、江戸三大道場の一つ、練兵館にて免許皆伝を得て、『練兵館の双璧』と称えられました。ただ、真剣を使った記録はほとんどないため、『逃げの小五郎』という異名がついています。

後に、初期明治政府の中心的メンバーとして活躍していきました。

↓旧宅


伊藤博文は、松下村塾で学び、尊王攘夷活動を行っていきます。後に初代内閣総理大臣となります。

↓旧宅

↓別邸


山縣有朋は、松下村塾で学び、奇兵隊に入団します。

明治維新後は軍人として名を挙げました。その後、内閣総理大臣となりました。

↓生誕の地


前原一誠は、松下村塾に入塾し、高杉、久坂らと学びます。後に倒幕活動に参加し、戊辰戦争にも参戦しました。

明治新政府にも入閣して活躍しましたが、政策方針を巡って山懸有朋、木戸孝允らと対立し、明治新政府から追われてしまいます。

その後、萩の乱を起こし、首謀者として処刑されてしまいました。

↓旧宅

↓終戦の地


松浦松洞は、松下村塾で学び、尊王攘夷活動を行っていきます。画家としても知られているそうです。

↓誕生の地


田中義一は萩で生まれ、内閣総理大臣になりました。

↓誕生の地


円政寺。

↓金毘羅社と天狗

↓日本一の石燈籠

↓幼年時代に、高杉晋作と伊藤博文たちが遊んだ木馬(神馬)。


世界遺産にもなっている、恵比須ヶ鼻造船所跡と反射炉にも行きました。

↓恵比須ヶ鼻造船所跡

↓反射炉


そしてまた歩き&ヒッチハイクの旅人と合流(笑)

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。