日本一周の旅〜カルぺ・ディエム〜

元保育士が、自転車で日本一周します!

首の皮一枚つながった

昨晩からずっと雨の予報でしたが、夜中のうちにやんでいました。雨は昼頃から降るようでした。次の場所に行く前に、観光というか、せっかくだから知床の行けるとこまで、相泊というとこまでいきました。

はじめに言っておきます。ズルをしました(笑)昨日入れたロッカーに最低限の荷物以外はすべて入れ、軽装備での出発。いやー、軽い軽い。昨日も書きましたが、さらに荷物を積んでいる時との違いを感じます。

また、こっちの方は抜けてどこかに行くことができないので、車の通りもほとんどなく、快適に走られました。調子に乗ってスピード出してみたりもし、でも路面状況もあまりよろしくなかったので、基本はゆったり行きました。

途中に、無料温泉が2つあります。

一つは相泊温泉。適温で気持ちよかったので足湯だけ。景色も最高なので時間を忘れそうです。何時間でもボーッといられそうな感じでしたが、移動があるんだ!と思い、すぐに出ました。

一つはセセキ温泉。干潮になると入ることができます。北の国から「遺言」で登場する露天風呂でもあります。

奥まで走ると「キケン道なし」という看板や橋があります。

「この先へ行かれる方へ」の注意書きを読んでから、少しだけ進んでみることにしました。

辺りは中くらいの丸みを帯びた石の多い海辺という感じでしょうか、これが続き、途中から漁師小屋や番屋らしきものがたくさん並んでいました。状態のいいものもありましたが、自然の影響で壊れ、もう長い間使っ待てないんだろうものもたくさんありました。

途中、北の国からの純の番屋があるよ!と教えてもらったのですが、結局どれだかわからず…。調べようにも圏外。行くだけは行きますが、諦めました。

せっかくだから、一番奥にある小屋のところまでは行ってみようと思い行ってみると、川が行く手を阻んで通れず。このくらいならギリ通れるかなー?という感じでしたが、昼から雨が降るしクマが出るかもしれないしで辞めました。


帰り道、少しのんびりしすぎたので、急ぎめで走りました。調子乗ってスピード出てる時に限って、タイミング悪く大きな段差がやってくるんです。危ないと思って急ブレーキをかけたまではよかったのですが、後ろタイヤがスリップしました。違和感を感じタイヤを見てみると、今のブレーキで摩擦のかかった部分から、中の糸みたいなのが露出しちゃってました…。すでに磨り減ってはいたので、次にある自転車屋さんでタイヤを買おうとは思っていたんです。まさかでした。

調べた様子では近辺には自転車屋さんはなく、少し離れた場所にあるホームセンターも自分のほしいタイヤは置いてません。

道の駅の受付の方に聞いてみると、親切に教えてくれました。何件か電話で在庫が置いてあるかや応急処置を聞いたのですが、やはりなく。

ようやく見つけたのが65kmちょっと離れたところにあるホームセンター。タイヤが持つのか、雨でスリップしないかという不安を抱えながら、藁にもすがる思いで移動することにしました。

雨も降っているので移動準備をしていると、さっきの道の駅の方からパンを頂きました。ありがとうございます。

準備が整い、出発。途中は何もないようなので、タイヤとの戦いです。タイヤがダメになり、最悪変なところで動けなくなるということは、くま出る可能性が高まり、遭遇して食される…ということにはならないように、なるべくいい道を走り、焦らずゆっくりと移動することを心がけて進みます。でもこういう時に限って道が悪い…(笑)

不安を抱えながら、雨の中の山道…。「上り>下り」だったので、正直しんどかったです。

途中から、どれだけ楽しみながら進めるかってことで、ルールを考えて、ゲームをしながら走りました。一番集中できたのは、いかに砂利や段差を踏まないで走れるかゲームです(笑)路面状況もちゃんと把握できるから、タイヤにも優しいし一石二鳥でした(笑)


そんなこんなで、なんとかホームセンターへ。

取り置きしてもらってたタイヤを購入し、近くに公園はないか聞いてみたら、店舗内に広いスペースを貸してくれることに。雨をしのげて作業ができるのはとても嬉しい。

さっそく荷物をすべて外して、タイヤ交換。タイヤの向きも間違えないようにセットし、案外すぐ終わりました。

スーパーの外で買ったご飯を食べてのんびりしていたら、ホームセンターのお兄さんとたまたま遭遇し、お菓子頂きました。いやー、お兄さんがすごく対応もよくイケメンで優男で…。女性だったら惚れますね(笑)これで無事生還できそうです。ありがとうございました。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。