日本一周の旅〜カルぺ・ディエム〜

元保育士が、自転車で日本一周します!

油断…

今朝は眠過ぎてなかなか起きられませんでした。そんな寝ぼけている時に、一緒に飲んだ方にまたまた差し入れをたくさん頂きました。本当、至れり尽くせりですよ。ありがとうございます。


朝方は大雨だったようですが、自分が一旦目覚めた時には晴れ間が見えていたので、やったー!なんて思っていましたが、準備が整うと突然の大雨…。

とりあえずまだ移動するつもりはありませんでしたが、ちょっと経ったらやむ予報もあるので、余市宇宙記念館とニッカウイスキーの蒸留所をのーんびりと観光することにします。


余市宇宙記念館。ゆったり見ていたら、館内の方が話しかけてくれました。いろんなことを経験している方で、なんとなく今後したいことが見えた気がします。

ロケットや宇宙についても詳しく教えて案内してもらえました。

毛利衛は余市で生まれ、NASAの宇宙飛行士として日本人で初めて宇宙に行った人です。実は、チャレンジャー号爆発事故で出発が遅れてしまい、元TBS記者の秋山豊寛が先に行ってしまったそうです。

イメージ炉。初めて宇宙に行った時に、実験装置の一つです。その実験で作成したインジウムアンチモン単結晶。

飾ってあるロケット、自分たちで作ったそうです。

宇宙食風のバニラアイス。


ニッカウイスキーの蒸留所に行きました。昨日おいしかったので、どんな製造方法なのか気になっていたので、いい勉強になりました。

ニッカウイスキーは、日本のウイスキーの父と呼ばれた竹鶴政孝によってできたんですね。

乾燥棟。

展示されている樽の中に、ウイスキーの入っているものもあり、蔵の中にはウイスキーの匂いが漂っているところもありました。

熟成度合いの違い。ちなみにウィスキーって、瓶の中では熟成しないそうです。


観光があまりにもゆったり過ぎて、札幌に行こうとした時間が14時半を超えちゃってました(笑)ほぼ開館時間からその2つを見学しただけなので驚きです。


小樽では、旧手宮線跡地を見かけました。

小樽は後日もう一度来るので、観光はその時にします。


ここ最近買い換えたいものがあって、ずっと大型の電気屋さんを探してたんですけど、なかなかなかったんです。それで、やっと小樽で見つけて喜んで入り、悩みつつも無事買えたのですが、完全にカラスの存在抜けてました…。手提げん中の食べ物荒らされちゃいました…。自分にも落ち度はありますが、もうカラス嫌い(笑)

荷物は多くなっちゃいますが、近くにスポーツショップもあったんで、この際カバン買っちゃいました。南京錠も買って、これで絶対にカラスじゃあ開けられません。

絶景

昨日の方、朝会いに来てくれました。たっぷり差し入れまで頂いて…ありがとうございます。


上の方に、積丹ブルー絶対見た方がいいよって教えてもらい、島武意海岸へ寄ったの以外は、今日もずっと移動です。100kmちょいの道のりで、その島武意海岸までが62kmだったんですけど、奇跡の3時間半で着きました(笑)しかも、こんな順調なペースなのにぜんぜん疲れてないから、今日のポテンシャル高過ぎですね(笑)


途中立ち寄った道の駅になんかいました(笑)


島武意海岸は、小さな暗いトンネルが入口にありました。ここは、昔の人が手掘りで作ったそうです。当時は、ニシンをとるために使われていて、もっこを背って舗装もされていない峠道を通って来たそうです。お店の方がが教えてくれました。

景色がいいにしろ少し曇っていたので、はじめは天気どうかな?なんて思いましたが、そのトンネルを抜けると、そんなこと関係なしにきれいでした。海の水も透明さが桁違いで、エメラルドグリーンで本当に感動ものです。

下まで降りる道もありましたが、登ってくる人を見ていると、はぁーはぁーしていてけっこうキツそうでした。てか、運動してない人にはだいぶキツいと思います。

近くから見ると余計に水のきれいさがわかります。

ちなみに、ニシン漁の人たちは、ここらに小屋を建てて泊まっていたんだとか。今はこの石垣と壊れた小屋くらいしか残っていませんでしたが、昔は5.6個くらいあったそうです。


お店で昼食。浜丼です。

帰り際にソフトクリーム頂きました。


休憩してから、残り40km。余市の方に向かったのですが、天気がすごいよくなって暑く、風も強くなり、お腹いっぱいで眠さもあり、坂が長くてきつい…。気持ちが切れました(笑)

その気持ちが切れた理由の一番の原因、ユスリカの存在です。よくサイクリングロードとか川っぷちに大群でいて、顔面に向かって飛んでくるやつです(笑)なんで山なのに?とか思いましたが、海も近いし、どっかしらに小川も流れているからでしょう。

顔には飛んでくるし、その中の数匹が服のとこにしがみついていい休憩所になってるんですよ。長い坂道を登りながら、それを払っても払ってもひっきりなしにやってきて、余計に体力使いました。

20km進んでやっとあったコンビニによったら、どの車の正面にも、ユスリカの死骸が大量について汚れていました。それだけいたんですね。


やっとのことで道の駅に着いたら、昨日会った方と再会しました。実は目的地が一緒だったんです。

本当は、一緒に焚き火でもしながらお酒を…なんて話してたんですけど、風強くてできませんでした。

結局、また飲みに行くことになりました。今日は焼肉です。久しぶりの焼肉いいですね。全部柔らかいし、タレなしでも甘さが際立つし、お酒も進みます(笑)ニッカウイスキーってのも飲みやすくて好きになりました。

そしてまた、少しだけ飲み直してから寝ました。

またまたごちそうさまです。2日間もありがとうございました。

わざわざ

観光はほとんどせず移動しました。110kmの道のりでしたが、はじめの30kmは風がうまく背中を押してくれていい感じに進みました。


お昼ご飯でも食べようと道の駅によったのですが、タイミング悪く火曜定休…。近くにコンビニがあったので、そこでお昼を済ませることにしました。今日は移動しかしないので、せっかくなら美味しいものでも!と思っていたのですが、そこを逃すと当分なさそうだったので仕方なく。


江ノ島がありました。急な地元感(笑)


弁慶岬からは、今から向かおうとする場所が大きくUの字にカーブしているので、しっかりと見えていました。

↑上2枚の見えているところが向かった場所です。

そこまでの道のりはあまり路面状況がよくありませんでしたが、あの見えていたところまで遠いけどがんばるぞ!さっきまであっち側にいたのかぁ〜!なんて楽しみながら走っていたら、ペース配分ミスりました(笑)


残り30kmを切ったところで、急に逆風…。そしてトンネルの連続…。

ここらは通行の利便性を考えてか、トンネルが多くて長いんです。昨日も、3つ連続で長いのがあったものの、今日のルートは比べ物にならないほどです。

正確な数は忘れましたが、最後にあったトンネルの連続は、平均2kmの長さのトンネルが7つほど、ほぼ間髪を入れずにやってきました。最大は4.5km…。車だとすぐに抜けるかもしれませんが、自転車乗りにはえげつないです。

それで、トンネル内ってすごく冷えるので、その一番長いトンネルを通る前に身を整えてから行こうと思い、少し休憩しました。さぁ出発しようと思ったら、自転車を立てかけていた看板の下にある、葉っぱの太い茎が絡まったのか、チェーンが外れちゃいました…。まぁチェーンをはめるのは簡単だからいいとして、手が汚れるんですよ。手を洗うところなんてないんですよ。でも、ビニール袋に救われました。ゴミをまとめたりとかいろいろと便利なのでたくさん持っていたのですが、こんなところで役に立つとは。

話は逸れましたが、出発。ネックウォーマーでなるべく排気ガスを吸わないようにしながら進みました。昨日も4.2kmのトンネルがあり、同じようにしていたのですが、通ったあと、吐き気と腹痛にやられたんです。でも、今日はなんともなかったのでよかったです。

トンネルを抜けて少し走ると目的地周辺です。やっと着きました。


↑ホッケかな、回しながら干していました。


実は、昼を食べたところの近くで、以前ブログにコメントしてくれた方と出会ったんです。車を停めてわざわざ待っていてくれました。

そしてまた、この目的地付近で出会うことができました。話の中で、自分がどこまで進む予定か話していたのですが、その付近を探してくれていたんです。探すと言っても、やっぱり路地が一つ違うだけでも、ちょうどお店や温泉に入っていただけでも会うことはできないので、こうしてまた再会できるのは本当すごいことですよね。うれしいなぁ。

寝床も一緒に考えてくれてすぐに決まり、その後、居酒屋に行くことになりました。ちらし寿司と他いろんなおつまみを頼んで、ビールや日本酒で飲みました。

また、自分の寝床で少しだけ飲み直してからの就寝です。

ごちそうさまでした。楽しかったです。