日本一周の旅〜カルぺ・ディエム〜

元保育士が、自転車で日本一周します!

いい時もある そうじゃない時もある

朝、荷物を整理しているとイヤホンがないことに気づきました。いつ落としたんでしょう?けっこう気に入っていたんですけどね。残念。


移動していると、車が少し先で停まっていてくれて、お金を融資してくれました。ありがとうございます。


篠山城は、家康の命で、藤堂高虎や近畿の主だった武将によって築かれました。天下統一の仕上げとして、大坂城城主の秀頼と西国諸大名を新しい政治体制で抑え込む必要があり、そのために丹波の交通上の要所であった篠山に城を築き、また大阪城包囲網の拠点を目的としていました。

天守や隅櫓は必要ないとの家康の意向で、外形にこだわらない実践向けの城を造りあげていました。また、火縄銃の狙える角度を広げるため塀が屏風折れになっています。

完全に出来上がっていなかったが、松平康重が入城してから、松平家や青山家が代々の城主となり、思い通りの役を果たしました。

↓三の丸お祭りの準備をしていました。

↓鉄門

↓大書院は二の丸あり、公式行事に使われた場所です。

↓二の丸庭園

↓青山神社は本丸に建てられ、青山氏の遠祖青山忠俊と12代藩主青山忠裕が祭神として祀られています。

↓天守台


次の場所まで移動ですが、風強すぎです...。台風の影響ですかね?でも、こっちの方は応援してくれる方が多くて、すごく励みになりながら足を進めることができました。


最後の峠越え。坂道は辛かったはずなのに、ちょっと前の自分でもこんなに速くは進んでないくらいのペーストで走ってました。完全にペース配分間違えました(笑)1/3過ぎたところで、肺が苦しくなってきて、さすがに休憩。調子乗りました(笑)


竹田城の歴史は、但馬の山名と播磨の赤松、丹波の細川との間で攻防している際、山名は、赤松と細川を攻めるための要として竹田城を拠点としていました。そこで家臣の太田垣光景が城主として入城していました。

しかし、織田軍の秀吉や弟の羽柴秀長によって、山名は追放されてしまいました。

次に入城したのが、羽柴秀長の家臣の桑山重晴でしたが、しばらくすると和歌山城に移ることになり、代わりに赤松広秀が城主となりました。

↓登山口

↓料金所からの入口

↓天守台

↓正門

↓南二の丸と南千畳

↓南千畳

この城は、ほぼ自然なままに残っている珍しい山城です。

また、秋から冬にかけて晴れた日の早朝には、朝霧が発生し、天空の城のような幻想的な景色が見られます。今回は時期的に見られませんが、それでも石垣、景色ともに行く価値ありです。

↓ちなみに天空の城、朝霧がかかった状態はこんな感じです。

↓今回のような、晴れた日の上からの景色。


↓下山ルート

↓表米神社には、相撲桟敷がありました。


竹田城の下には、お寺が4つ並んでいました。まずは善證寺。


常光寺は、初代城主である太田垣光景の供養塔があります。


勝賢寺は、赤松広秀の家臣である平位善右衛門の屋敷でした。竹田城9代城主である桑山重晴の長男・一重夫婦の五輪供養塔があります。


法樹寺は、竹田城が廃城した後、竹田城最後の城主である赤松広秀移住地でした。また、赤松広秀のお墓があります。


最近、日が暮れると寒いですね。これなら日中も涼しくなってほしいですね

温かさ

今日は移動しかしてません。目的地で観光するはずでしたが、間に合いませんでした。


預かってもらっていた荷物を取りに行きました。すると、朝ごはんに!とお弁当を頂きました。おいしかったです。ごちそうさまでした。


さぁお腹も満たされたところで、次の場所へ出発。しかし漕いですぐ、坂!坂!坂!!!...急な上りってのも少なかったですが、何より平坦がほぼありませんでした...。太ももが細くなったなぁとは感じていましたが、数日漕がなかっただけでこんなに衰えているとは...。いつまで上りが続くかわからないので、体力温存しつつでのーんびり進むことにしました。


坂道辛いよーって思いながら漕いでいると、先で車を停めて待っててくれた方がいて、冷凍ペットを頂きました。日本一周の看板を見て、急いでコンビニで買って追いかけてくれたそうです。嬉しすぎる。正直、暑くてバテそうだったんですよ。体を冷やすこともできるし、だいぶ助かりました。


その直後、話しかけてくれる方がいて、自転車で日本一周してるの?何もあげられるものがないけど…がんばってね!と言って帰ったんです。と思ったら、梨ならあった!って急に戻ってきてくれたんです。気持ちだけで十分に嬉しいのに、わざわざ。


どんどん進んでもやっぱり坂道は続いていて、いつまで続くのーと悲しさをこらえていると、曲がってくる車があったんです。急いでいこうと思ったんですけどちょっと体力的にきつくて、そのままのスピードで通り越したらプップッて鳴らしてきて、何かと思ったら、めっちゃ焼けてる!暑いのにがんばってるね!と、アメを頂きました。


ちょっと疲れと眠気が一緒に来たから休憩。ベンチでご飯食べてからうたた寝してました(笑)30分ちょい寝ちゃってて、再出発しようとしたら、警備員さんが近づきてきて、日本一周してるの?今日の寝床は?よかったらうち来る?と。すごく魅力的な話なんだけど、今日のうちにできるだけ足を伸ばしておきたかったから断念しました。惜しいことしましたよ。


そしてまた走ってたら、トラックの運転手が待っててくれてて、重たくなっちゃうけどこれやるよ!とお茶を頂きました。


一日頂いてばかりで、優しさや温かさをたくさん感じました。やっぱり、声をかけてもらえるだけでこんなに疲れた体によく効いて、元気出るんですね~。自分だけならここまで来れなかった気がします。


そういえば、途中にこんなお店がありました。武藤敬司が経営するお店ってことですかね?てか、全面的に推しますね(笑)

兵庫観光

今朝、夜行バスで神戸に到着しました。寝方が座り方が悪かったのか、尾てい骨が痛くて痛くて...時間とともに痛みも引いたからよかったです。


自転車を取りに行って観光です。


明石城は、江戸幕府2代将軍、徳川秀忠の命で小笠原忠真が築城しました。約400年前の石垣や巽櫓、坤櫓が残っています。天守閣はというと、元々なかったようです。関ヶ原の戦い以降にできた城なのに、なんで造らなかったのでしょう?


湊川神社は、智・仁・勇の三徳を備えた楠木正成を祀っています。足利軍と湊川で激戦の末この地で亡くなりました。

後に、水戸光圀が楠公墓碑「嗚呼忠臣楠子之墓」を建立しました。 以来、吉田松陰や坂本龍馬など、幕末の志士たちがお墓参りしたそうです。


生田神社。

本殿の後ろには生田の森がありました。ここは、源平一ノ谷合戦の際、平家軍が平知盛を大将として陣を張り、源氏の範頼軍を迎え撃った場所です。昔は生田川まで広がる大きな森で、この源平合戦や、枕草子、平家物語など歴史の舞台となってきたようです。

また、縁結びの水みくじというものもできます。せっかくなのでやってみました。

この空欄ばかりの紙を、水占いみくじ所で水に浸けると、文字が浮かび上がってきます。

自分は八分咲きで、他内容が完結に書かれていました。


神戸駅。


一件目。

↓明石焼き(たことえびの半々にしてもらいました。)

↓ビール

↓おでん(すじとだいこん)

↓白鶴


二件目

↓味噌だれ餃子440

↓チマキ

↓菊正宗


夜に、友達に電話したのですが、少し経ったら寝落ちしちゃいました...(笑)申し訳ない。