日本一周の旅〜カルぺ・ディエム〜

元保育士が、自転車で日本一周します!

お詫びと近況報告

ブログを読んでくださっていた方、突然更新が途絶えてしまいすみませんでした。


もっと早く謝罪や理由をお伝えすればよかったのですが、正直、ブログ自体がストレスになっていました。ごめんなさい。

ただ、日本一周をやめたわけでも、ケガをしたわけでもありません。




今までの心情として、ブログの作成に毎回2.3時間かかってしまい、その度に、夜の寝る時間が遅くなったり、朝の出発する時間が遅くなってしまったりと、旅に支障をきたしてしまい、疲れが取れず毎日眠くて...という日々が続いていました。これじゃあなんのための旅なんだろうと思ってしまうこともあって...。


だからといって、雑にブログを作成するのも嫌で、誰が読んでも伝わるような、読みやすくわかりやすい文章にしようと心がけ、何度も言い回しを変えながら作っていました。(考えすぎて、逆に読みにくくなっているところもあったかもしれませんが...)

そんなこと言いつつ、だんだんと文章が雑になってきているのがよくわかり、でも更新するためには仕方ないかと言い聞かせて更新し、それも本当は嫌で...。


ブログを更新すると、niceやコメントで応援して頂いたりと励まされることも多くて、辛くてもとりあえずは最後までがんばろうと思っていました。


それでもブログというもの自体がストレスで、少しずつ更新も溜まってしまい、申し訳ないけど、遅れてでも更新する方向にシフトチェンジしました。


しかし、(詳しくは後日のブログで書きますが、)雨で携帯が水没して、メモに残しておいた文章がすべて消えてしまいました。携帯を直したり替えようにも山のど真ん中で、パソコンや昔のiPhoneで検索しようにもポケットWiFiも圏外で、人を見かける度に今進んでる道が当たってるのか聞きながら進み、なんとか携帯ショップのあるところにたどり着き、交換することができました。


そのまま物理的な不幸が続き、そのあともいろいろ重なりネガティブな思考しか浮かばず...。でもこんなことで停滞や一旦旅を中断することも嫌だったので進み続けました。

友達と電話をして、たわいもない話をして、楽しさから気を紛らわして、なんとか持っていたんだと思います。


消えてしまった以外のブログを先に更新しようかとも思いました。でも、旅は休みなく進んでいて、時系列にしないと、日にちがあちこちしてしまうと訳わからなくてなってしまうこともあってやめました。


今後ブログは、時間が空いたら更新しようとも思いますが、恐らく旅が終わってからの更新になるかと思います。楽しみに待っていた方、すみません。




近況報告として、今日で215日目で、8ヶ月目に突入しました。現在は山梨県に入っています。


これまでは、宮城→大分→福岡→山口→広島→愛媛→高知→徳島→香川→岡山→兵庫→大阪→和歌山→三重→岐阜→愛知→静岡→山梨と進んでいます。


今後は、長野→山梨→静岡と行ったり来たりして神奈川にゴールする予定で、あと2.3週間以内には終わるかと思います。


また、ブログの完結は、日本一周が終わってからになり申し訳ありませんが、こういうの知りたい!という疑問や質問などがあれば、すべての更新が終わった後にまとめとして更新しようと思うので、コメントお待ちしています。


ブログの停滞と共に、コメントも返せずにいましたが、これからはコメントだけでも返そうと思うので、近況報告など知りたい方はコメントしてください。

ただ、絶賛通信制限中で、これから山の方に向かっていくのでポケットWiFiも電波を拾ってくれるか...という状況なので、遅くなるかもしれません。暫しお待ちください。

ちなみに、Twitterでは簡単に旅のこともツイートしているので、そっちを見て頂ければなんとなく状況がわかるかと思います。

出発から半年

友達に言われて気づいたのですが、旅に出て今日で半年が経ちました。未だに、つい最近出発したような感覚があるんですけどね(笑)それだけ充実してるってことでもあるし、ここまで来れたのも周りの方の助けのおかげなんだなってすごい思います。最後まで無事に終わらせます。


原爆ドーム→原爆死没者慰霊碑→広島城→吉田郡山城に行きました。



朝一で自転車を走らせ、背の高い建物を抜けていくと、剥き出しにされた鉄骨が急に視界に入ってきました。原爆ドームです。一瞬で空気感が変わったというか、まるで戦争の爪痕が時間を止めて残っているような場所でした。元々は、広島県物産陳列館だった建物で、日本初のバウムクーヘンの製造販売が行われていました。原爆の投下により、建物は一瞬にして崩壊し、中にいた30人余りの人々は全員死亡したと伝えられています。戦争を体験した方が少なくなっていく中、残された負の遺産を残していくことで、二度とこのようなことが起きないように、戦争を忘れないようにしていきたいですね。

↓原爆死没者慰霊碑です。慰霊碑の近くにいると、前で立ち止まり静かに手を合わせて行く人たちの姿がとても印象的でした。



広島城は、戦が少なくなってきて初期にできた近世城郭です。吉田郡山城主であった毛利輝元が、秀吉の招きに応じて小早川隆景や吉川広家たちと上洛し、大坂城・聚楽第にも訪れ、近世城郭の重要性を目の当たりにしたことで郡山城がすでに時代遅れであることを悟り、新しい城造りとして広島城を築城しました。名古屋城や岡山城と並んで日本三大平城に数えられ、広大な敷地だったそうです。
↓表御門

↓左から平櫓・多門櫓・太鼓櫓

↓平櫓内部は、木(ヒノキだったかな?)のいい香りが部屋に充満していました。

↓多聞櫓内部

↓狭間とフタ

↓太鼓櫓内部

↓二の丸跡

↓天守閣


なんとなく移動する気持ちが切れてしまったので、ベンチに座って休憩していると、おじさんが話しかけてくれ、お菓子を頂きました。



十分に休憩してから吉田郡山城跡に行きました。ここは中国地方最大級の山城で、毛利元就が本城としていました。元就は嶝と呼ばれた山頂で暮らし、城内には主要な家臣が配置されていました。本拠を広島城に移した後も郡山城は維持されていたと考えられますが、関ヶ原合戦後、毛利の防長転封により廃城となりました。

↓尾崎丸

↓勢溜の壇跡

↓勢溜の壇にあったこれ、絶対誰かやりましたね(笑)

↓御蔵屋敷跡

↓御蔵屋敷跡の東側には、石が散乱していました。一国一城令でここも破壊されたんですかね。

↓そこから少し歩くと、小さな石積みが残っていました。また、奥には土塁跡もありました。

↓三の丸石垣跡

↓三の丸跡

↓二の丸跡

↓本丸跡



寝床まで走っていると、一台の車が速度を緩めて来たので邪魔なのかなって思い端に避けると、窓を1/4だけ開けてきておばあちゃんに声かけられたんです。そしてすぐに「盗んだ自転車で走ってる人がいた😄ふふふふ😄」って去って行ったんです…。え、なんだったの(笑)急すぎて「やばい!!!バレた!!!逃げきゃ!!!」ってやりそびれてしまいました(笑)


その後も、他の車が端に止めて「もしかして(樋田容疑者と)一緒に走ってた人?」ってヒソヒソ話風に声かけられ、違うことを伝えたら残念がられたんです。まぁせっかく話しかけてくれたから、半年記念日ということもあって何かおいしいものを食べたかったので、その人に教えてもらったお店に行くことにしました。


あ、ちなみに、樋田容疑者が捕まった日の前日に、そこから10㎞ちょっとの場所を寝床にしていました。捕まった日は雨だったので、彼らは停滞していたのかもしれません。前日の時間帯によってはその場所まで進むことができたので、彼らと同じ場所に寝床を構えていたかもしれないし、もしかしたら事情聴取を受けていたかもしれないと思うと恐ろしいですね。

引きこもり生活

起きてから天気予報を見ても日中に荒れる予報は何も変わっていなかったので、満喫にて12時間引きこもりしました(笑)

特に何もすることがなかったので、ブログを進めようとパソコンで文章を打っていたのですが、やっぱりパソコンの方が打つスピードが遅すぎるし、目が疲れるしで、快適さも相まって気づいたら寝てしまいました(笑)12時間もあるし~なんて思っていましたが、甘かったです。あっという間でした(笑)結局グダグダ過ごして12時間が過ぎました。このままヌクヌクと整った環境に居続けるとダメ人間になりそうだったので満喫を出ることにしました。
天候は、雨がすっかりあがっていましたが、強風は続いています。移動しようといつも通り自転車にまたがって、信号が青になってから横断歩道を渡ろうとしたら、向かい風が強すぎて全く前に進めず…。ここまで走ってきて少しは自信があったのですが、自然の脅威を舐めてました。でもそんな状況なのに、少し楽しんでいる自分もいたりしてね(笑)


することもなかったので、ブラブラしていると、胡古神社を見つけました。この神社の祭神は大江広元で、毛利元就の祖先に当たる方で、毛利家の始祖です。また、大江広元は、源頼朝の側近で鎌倉幕府の礎を築いた人物でもあるそうです。


その後はバキバキだった携帯画面を直してきました。ろくに画面の操作もできず、文字も打てなくなっちゃったから、めっちゃ快適です。

一日体をほとんど動かせなかったから、明日はたくさん走って、いろいろなものを観光や見学したいです。(毎日嫌という程走っているのに完全に頭おかしな発言ですね笑)